主要都市の生活費&家賃はどのくらい?

【Cost of Living】

PLANOの生活費のコスパが全米で
最高に良いらしい事を知ってますか?

Cost of Living つまり、
生きていくためのコスト(費用)

データにより、アメリカ国内の主要都市の生活費を比べると
デンバー、シカゴ、ロサンゼルスなどを抑えてかなり良い環境で良い収入で、良い生活が送れるとのことです。

図から、サンフランシスコやNYなんて、とんでもないくらいに生活費が高いことが分かります。

▼住居費が圧倒的に高い3都市

・サンフランシスコ、
・ニューヨーク、
・サンディエゴやLA(CA)

この3都市は特に住居費が圧倒的に高い。
収入があっても、住居費が高いので、稼いでも、稼いでも
生活に余裕が持てないことが図から分かる。

人それぞれの意見はあるが、
場所よりも、家族や食事や楽しみにお金を回した方が
幸せだと思うが。。。

こういう住居費が高いところは、
たまに、遊びに行く程度が良いと思う。

そして、

【生活費】+【住居費】=●●●を合計してみた。
ともに大きなウェイトを占める分野である。

・マンハッタン 合計669.6
・サンフランシスコ 445.4
・ロサンゼルス 327.2
・シカゴ  259.2
・デンバー 222
・プレイノ 186

そうなると、
エリアを変えただけで数倍の差が出る。
地域差を利用した生き方や投資も考えられる。

【アメリカ人の鉄則】
高い州から年金をもらう権利を手にし、
生活費が安い州で余生を過ごす。

引用)JETRO

結論を言うと、

プレイノは生活費が安く、住みやすい環境、これから発展する街である。

LAからもダラスに続々やってくるのを見ています。

関連記事

  1. プレイノ市内を端から端まで走り回ってみたよ。

  2. ★ダラス特集「今、気になるダラス リアルライフ」

  3. プレイノ「スポーツ」「教育」「税金」について

  4. 特集!【徹底比較】プレイノVSアーバイン 

  5. プレイノでAIRBNB(3回目・最終回)

  6. 北ダラスのインフラ拡張計画(鉄道編)

  7. 運を掴む人の特徴 「運とは何か?」

  8. ミツワ近くのアジア系のショッピングセンターは楽しめる!

  9. 「ダラス圏にやって来る巨大企業たち」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP