プレイノでAIRBNB(2回目)

AIRBNBでプレイノのステイ先で
泊まった時の話です。

初日、荷物を自分が利用させてもらう部屋に置いて、

居間に行ったら、

オーナーが

「水飲むか?」と1本25セントくらいの

コストコで買ったであろうペットボトルを渡され、

「なぜ、プレイノに来たんだ?」

「友達や知り合いはいるのか?」

など色々聞かれ、
それについて答え、

その後、各施設を案内してもらいました。

居間、

トイレ&お風呂、

キッチン、

ファイヤープレイス(暖炉)、

ガラージ(車庫)、

洗濯機など

以前から、アメリカのお家(一軒家)に
住んだこともあったので、
大体雰囲気をすぐにつかめました。

良い意味での、
典型的なアメリカの家です。

ステイ先では、家の中も部屋も綺麗に整頓されて、
シャワーも、トイレも綺麗で、問題なく過ごせました。

ただ、プレイノの戸建は庭が広いのが特徴でもありますね。
そして1階建ての平屋がほとんど。

最近の新しい家は二階建て(タウンハウスなど)が多いいなと思いますが、

昔からのプレイノの一軒家はほとんど平屋(一階だけの家)ですね。

築30~40年くらいが多いでしょう。

人間でいうと、30~40歳?

余談ですが、自分は「家の築年数」と「人間の歳」は
なんか似ているなと感じています。

人間の生まれたて、若いころは、家で言うと新築で何も壊れる部分が無い。

20年は大規模修繕もなさそうなくらい、安泰。面倒なことが少ない時期。

厄介なのは、

人間でいえば、

◆30歳を過ぎたころから、いままでの生活習慣とかやらで、

何かしら病気が出てくる時期でもあります。

築30年の家で言えば、配管、水回りとか。
人間でいうと、頻尿?血圧高め?とか(水まわり、血液関係でのトラブル)

◆40歳くらいになると薄毛が気になったり。

家で言うと、てっぺんである屋根の修理ですかね。

築40年も経つと、さすがに、屋根の問題が出てきます。

全部の張り替えで1万ドル(110万円)くらいかかります。

◆50年経つと。。。。。

すこしずつ、体が硬くなり、いたるところで病気が出てくる。

心臓、がん、腰痛、、、、、

家で言うと、大規模修繕(人間でいう手術?)。

歳を重ねると人間も家も

色々な問題が出てくるもんですね。

自分の身体を30歳くらいからでしょうか、

たまに、メンテナンスすることで、長生きすることが出来るように、

家も、築30年を過ぎてから、ちょこちょこ修理をしていくことこそが

長持ちする家になると思うんです。築100年(人間で100歳)の様に。

家と人間の身体、どこか似ているなと感じた次第です。

 

ところで、話を戻しますと、

オーナーと1時間くらいお話しして、
自分は、スーパーに買い出しに行くことになり、

オーナーから家のスペアキーを受取り、
車で家を後にした。

車で30分くらいのところにあるリチャードソンのホールフーズに行き、
外食をして、その後、翌朝の食材を買ってステイ先に戻り、

軽くオーナーに挨拶をして、
その後も、基オーナーと会うことも少なく過ごしていた。

殆ど、自分は外出していたから

あまりオーナーとは初日以降会うことがあまりなかった。

オーナーはオーナーで何かとすることがあったようだ。

そろそろ、ステイ先を去るころだったか、
オーナーからある面白い話をすることが出来た。

この写真がキーワードです。

次回に、続く。。。。

関連記事

  1. 「プレイノ市内の水道水は飲める」

  2. このサイトを作ろうと思った訳

  3. プレイノでAIRBNB(3回目・最終回)

  4. レガシーのShake shackにはもう行きました?

  5. 洗練されたお金の使い方がプレイノに!

  6. テキサス州No1 BBQの店とは?(後半)

  7. プレイノにある、 銀行ベスト10

  8. プレイノに電車が走っているのをご存知ですか?

  9. テキサスBBQとの出会い!(前半)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP