「家」と「人間」って似ていると思います。

*このやや怖い家の写真はイメージですので、このサイトとは関係ありません。

ところで、前回は、修繕に関して明細をお伝えしてみました。

そこで、さらに突っ込んで家に関して、

私が思ったこと、感じたことをお伝えしたいと思います。

あくまでも、余談で、個人的意見ですが、
「家」と「人間」って似ていると思います。

特に、アメリカ不動産は似ていると思いました。

そう思ったきっかけは、たまたま、
自分の年齢と家の築年数がほぼ同じところから始まりました。

だからなんとなく似てるなあと思った次第です。

そこで、

勝手に、【人間】と【家】対比してみました。

・0歳=あかちゃん  / 新築=修繕ほぼ不要でも、まだ慣れない感じでも新鮮。良いにおい、綺麗。
・10代=元気いっぱい / 築10年代=ほぼ問題ないが、家が新しいだけに、壁とかが傷が目立ちやすい?
・20代=元気、人生での無敵期間? / 築20年代=修繕ほとんど無し。問題無!へっちゃら。
・30代=働き盛りだが、やや疲れ気味 / 築30年代=まだ多少寝なくても無茶が効く年頃
・40代=すこしずつ身体に異変が。肩こり、頻尿?高血圧、薄毛、白髪 / 築40年代=水道管故障、水漏れ(尿漏れ?)、パイプの老朽化(血圧上昇)
・50代=少しづつ爆弾を抱える? / 築50年代=土台が崩れる?何かが起こる。。。
・60代=何かしら病気もち / 築60年代=・・・・・・・????
・90代=病院のベッドの上? / 築90年代=そろそろ家の立て直しかな???

どうでしょうか?

まあ、時折、むちゃなこじつけしてるやろってところもありますが、

あくまでもイメージとしてお考えください。

そう考えると、人間でいう40歳代って、

病気の初期症状が出てきて、あれもこれも噴出してくる。

そうなると、築40年くらいから家も修繕が増えてくるのかもしれませんね。

でも、こまめに修繕をしていけば、

(突発的な事故は別として)大規模な修繕がいらなくなるのではと思いました。

あなたが、いままで生きられてきて、

その当時を振り返ってみて、何か思い当たる節はありませんか?

私だけかもしれませんが。。。。

ーーーーーーーー

でも、安心してください!

環境下にもよりますが、アメリカの家なら
100年近くは持つみたいです。

まさに、安倍首相が提言した「人生100年時代」ですが、

アメリカの家も100年時代です。

しかし、日本の家(木造)が人生30年とは短いな。。。

政治的なスクラップ&ビィルドの影響もあるし、

やはり木造築で雨が多く降る、台風が多いから自然と痛みやすい

人間は、歳をとるにつれて、様々な病気が出てきます。

まあ、家は人間の様に、
言葉を何も発しないので病気のサインを定期気に
見てあげないとダメですね。

色んなところを見る必要があります。

自分は、アメリカに行くと、

ホームデポ(HOMEDEPO)に行き、家の部品を3時間は色々見ちゃいます。

最新式のドアやトイレ、最新のHVAC(Heating, Ventilating and Air Conditioning)といって、

屋内の空気を循環させ、冷暖房と空調)とか。

とにかく、家の中には、設備や部品が多いということです。

いたるところで寿命があります。

あと、屋根はお金がかかるんです。

屋根の全部張り替えだと
典型的な1500~2000sqftの家の
屋根の規模であれば修繕に1万ドルとかかかります。

1万ドルって、結構痛いですよね。

部分的な修繕でも、2000~8000$とか。

屋根が痛む原因は、
プレイノの雹(ヘイル)には気を付けたいところですね。
毎年3月~4月初めくらいの時には要注意です。

もちろん、この時期は、車はかならずガレージにしまってください。

ガラスがボッコボコになります。下の写真は大げさですが。

家の屋根にもカバーをかけたいぐらいです。

不動産は、なんでもないことでもチョコチョコ頻繁に直すことで
長期的に長持ちさせることが出来る!!!

人間と一緒ですね。病気が発見される前に、
何事も無くてもお医者さんに診てもらう必要がありそうですね。

アメリカでは、インスペクターなどの出番ですね。

何事が無くても、たまに修繕(人間でいう人間ドッグや定期健診)
をしないと長持ち(長生き)出来ませんよっていうことだと思います。

今回の修繕で、家が少しは蘇りまして、

人間でいうと、
少しはアンチエイジングできました。笑

また別の症状が出てきたらこのサイト内でお伝えして、

ご覧の方に何かしらお役に立てればと思います。

では、またお会いしましょう!

関連記事

  1. 読者アンケートのお願い【プレゼント企画】

  2. 魅惑のフリスコ特集!! 

  3. プレイノってどんな人種の人たちがいるの?

  4. テキサス州5大都市【産業】(簡易版)

  5. 「ミツワ」も良いけど、「みのや」も!

  6. 【ラッセルクリーク】プレイノにある人気の公園をご紹介します。

  7. プレイノのDENSETSU。本当に伝説か?確かめに「でんせつ」レストランに行ってきました。

  8. このサイトを作ろうと思った訳

  9. 【屋根・修繕レポート】ダラスで今後、不動産購入される方、既にお持ちの方の必読書!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP