プレイノの市長はどんな人?

アメリカのトヨタが

TX州プレイノにやってきましたが、

その歓迎をしたプレイノの市長、

一体どんな人か知っていますか?

ざっくり見てみましょう!

ーーーーーーーーーーーーー

Harry LaRosiliere (ハリー・ラロシリエル)

1962年5月6日 (年齢 56歳)
ハイチ生まれ

政治家(市長)
トレーシー・ラロシリエール(奥さん)
政党は共和党(TXは共和党)
Mayor of Plano, Texas 2013年からプレイノ市長

このハリー市長は2017年トヨタ、プレイノでの新社屋の式典で

「ついにトヨタ従業員の皆さんをプレイノに迎え、この素晴らしい新社屋の開所をお祝いすることができ、大変うれしく思っている。地域に寄り添う良き企業市民であるトヨタが、今後もプレイノやテキサス州北部に良い影響を与えてくれると期待している」と述べている。WELLCOMEムード一色である。

また、「プレイノ市はシティオブ エクセレンス(卓越した市)として、米国で認められ、
治安改善や教育水準の向上に努めた結果、なんと、人口が8万人(1980年)から27万6,000人(現在)に増加、

優秀な人材が雇用可能となり、各国の有力企業が進出し、世界的に競争力のある都市となった。

フェイスブック記事や動画を見る限り(Plano Mayor Harry LaRosiliere氏のFacebookより引用)、

ハリーさんは、家族思いの、フレンドリーで行動力にあふれた感じですね。

ハリーさんには、これからのプレイノをさらに盛り上げていただきたいですね!

ということで、「ハリーさん」と覚えておいてくださいね!

関連記事

  1. 【祝】OPEN/ダラスで和牛焼肉(まんぷく)

  2. プレイノのあるコリン郡、2050年の人口:現在の2倍

  3. 北米トヨタが移転した大きな理由。それは従業員や家族にアメリカンドリームを!

  4. 【動画】街の様子&プレイノの工事の様子&トヨタ&NTTデータ

  5. プレイノ市は東京の●●区の人口と近い!

  6. アフターコロナ)人や企業の大移動が起きる+ダラスの将来

  7. 【従業員6,500人】景気後退が来る前に、NYマンハッタンからプレイノへ引越した超巨大企業の移転成功…

  8. 2017年に新しくPLANOに来た日系企業

  9. 読者アンケートのお願い【プレゼント企画】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP