テキサス不動産の動向

こんにちは、杉原です。

今回は、テキサス不動産の大きなトレンドについてお伝えしようと思います。

新型コロナウィルスの影響で全米は不況に陥るとの見方から、不動産価格は全米で数年後に大きく下がると思いますが、

①テキサス、②ダラス、③プレイノはどうなっていくかをZILLOWからの予測という点で見てみます。今後のテキサスの動向もお伝えしましたので、是非、最後までご覧ください。

★①テキサス全体

今年、後半はガクッと落ちる傾向が出ています。そして、ZILLOWにおいては来年に復活するとの予測です。(緑色の点線)

▼過去10年間の推移(テキサス州全体)

▼過去5年間の推移(テキサス州全体)

2020年後半くらいから値段が下がって行く予測です。しかし、いまのところですが、2021年後半には現在の位置であることが予測されています。もちろん、これは予測ですので、もっと下がるかもしれません。

もし、この予測通りで行けば、2020年の少し安くなった部分であると買い時でもあるかもしれません。これはコロナウィルスやアメリカの経済状況(金融)の様子を見てみないと現時点では何とも言えませんね。

★②ダラスについて

    

ダラスもテキサス州全体のと連動はしていますね。回復する前提であれば一時的に安くなり、売らなければ、数年後はまず回復していると思います。

▼過去10年間推移グラフ(ダラス)

▼過去5年間推移グラフ(ダラス)

★③プレイノについて

  

▼過去10年間推移グラフ(プレイノ)

▼過去5年間推移グラフ(プレイノ)

テキサス全体は、どこでも2020年後半から下がることは間違いないでしょう。ただ、どれくらい下がるかは分かりません。あのリーマンショックという金融危機の時でも動揺(値下がり)はそれほど見られませんでしたが、今回のコロナウィルス、

そして、経済危機、これが金融危機にまで引き金が引かれるとどうなるかは分かりません。テキサスは実需で家を買われている人が多いため、世界中から投資がされている都市と較べては下落は限定的になると思いますが、こればかりも分かりません。

もし、堅調なテキサスでも、住宅ローンでの支払いが厳しい方が手放す人も沢山出てくれば、影響は出てきますが、前回のリーマンショックの教訓で金融機関が経験を活かしていれば低所得者層に融資し過ぎということはないかもしれませんが、ここはまだ分かりませんね。テキサスがいくらか下落するのでしたら、投資中心の大都市はもっと下落すると思われます。

テキサスでは恐らく、不動産価格の下落は限定的だとは思いますが、まだ何とも言えないため、今後も様子を見ていこうと思います。

今年、下がったとしても、売らなければ現時点の価格よりも上がるのは時間の問題だと考えます。その意味では、今年は久しぶりの調整が入って、近年においては底になると思われます。まず、永遠と下がり続けることはありませんので。

★ポイントは、
①コロナ感染者数の減少で外出自粛令が解かれ、市場経済の再開次第であること。ぶり返しがあるか否か。
②5月~8月の不動産の引っ越しオンシーズン(毎年活況の時期)中にどれだけ(前年比で)需要があるかですね。
③ここ最近は、金利がかなり低く、かつ今年の不動産価格が近年で底値になる可能性が高いと考えています。

→長期保有を考えている方でしたら、今年のある程度下がったところを拾うのが良いかと感じています。必ず回復はしますから。数年の時間をかければ、コロナ前の価格にはまず戻ります。

アメリカやダラスは年々人口は増え続けています。人間は住む場所が必要不可欠なため、(無理な住宅ローンをしていなければ)自宅を売ることはありません。

一部の人は無理して購入してしまい、売却して競売も増えるとは思います。また、不動産ディベロパーが現金で安く買う会社も出てくるでしょう。多少安く買えれば、運よく、数年前に戻れるというイメージです。

一時的に不動産価格が下がっても、人口は流入します。不動産実需の強いダラスで、人口が増加するのはアドバンテージ(強み)です。そして、もし、人々が、今後のために現金を取っておきたいと思うようになり、住宅を買うのではなく、借りる需要が増えれば、持ち家を購入するよりも賃貸需要が増えるなら、オーナーとしては良いかもしれませんね。

ダラスはコロナ以前で、データ的にも人口(1日300-400人がDFW圏に引っ越してくる人口増加率1位の都市圏)が増えるので、コロナ最中は流入者数が減少するにしても、長期的に流入が減ることはよほどなことがない限り、無いと考えています。コロナの後、落ち着いた際、また人口流入は再開するでしょう。

そして、コロナ被害の影響をかなり受けた東海岸の人たちが、(NY初め)引っ越してくると感じています。東海岸からいきなり西海岸とは文化が異なるため、それよりも西側やアメリカ中央エリア、南部エリアに集まるのではないかと感じています。

とにかく、テキサスの不動産価格は、以前からの勢いはストップし、少し調整(値下がり)が入り、また不動産価格が上がると感じています。後で、あの時手にしておけば良かったとなりそうな日は数年後来ると感じています。

とりあえずは、本来は好調の時期である5月~6月頃の不動産賃貸(売買)市況の様子見かと思われます。またその頃の状況がわかり次第、プレナビでお伝えしますね。

今回の内容は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございます。

★関連記事

1)アメリカ人が北ダラスに家を購入する目安

2)テキサス不動産は実需で強い!

 

関連記事

  1. 何コレ?

  2. アメリカンドリームを掴んだ日本人カウボーイとカントリーミュージシャンの【奇跡の対談】

  3. プレイノ市に住むと、こんなメリット満載!

  4. まだまだ家の価格が安いですね。

  5. 「ミツワ」も良いけど、「みのや」も!

  6. 【100回目】プレナビ 人気記事ランキング1位~10位

  7. 【リアル】アメリカ物価ランキング <75都市>平均費用

  8. プレイノのDENSETSU。本当に伝説か?確かめに「でんせつ」レストランに行ってきました。

  9. プレイノ、フリスコ市がテキサス州で健康度ランキング1位、2位になりました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP