テキサス州5大都市【産業】(簡易版)

今回は、テキサス州の産業について簡単に書いてみました。

具体的エリアはテキサス州メイン5都市の、①ダラス、②ヒューストン、③オースチン、④サンアントニオ、⑤コーパスクリスティです。数年前に自分で全5都市に行き、それぞれの特徴を肌で感じました。最後に、個人的感想も書いてみたいと思います。

テキサスというと、西部や牧場、カウボーイ、荒野が有名でそんなに経済規模が大きくないのでは?と思う方もおられると思います。しかし、実際に行って見るとまったく違います。ダラスやヒューストンなどは大都市です。

★テキサス州は【産業】豊かなGDP

テキサス州の2018年度のGDPは1兆7,500億$(カリフォルニア州に次ぐ、なんと全米で2位)で、全体的に農業、エネルギー・ハイテク・電子工学・医療・バイオ・教育・牛の放牧などが強いが、それぞれの都市に産業の特徴があります。全米では2位の経済圏。世界で言うと、10番目前後にランクインしています。しかし、テキサスはあくまでも州です。それなのに、GDPが国家レベルなんです。

参考:アメリカ(約19兆ドル)、中国(約12兆ドル)、日本(約4.8兆ドル)

▼全米で比較してみると分かりやすいです。

【まとめ】テキサス州の中の5大都市の産業

まずは、テキサス大都市である5つの場所を見てください。

各エリア 【産業】 補足
①ダラス 近年、日系人による・飲食店開業が増えてている。IT関係、トヨタなどHQ本社多い。産業多い。Uber第二本社も。 情報、エレクトロニクス、石油化学、軍事、通信、金融、保険 他多数
②ヒューストン 昔から日系人や日本食レストラン多いのはヒューストン。日本国総領事館もある。病院、医薬・医療産業関連が多い。宇宙産業も。 医薬品、デジタル、エネルギー、宇宙のNASAなどもあり 他多数
③オースチン
(州都)
特にITハイテク産業大学が多い。学生用アパート多い。 Appleキャンパス。上記都市と比べると産業に偏りがあり、産業の不安定感が否めない。
④サンアントニオ 軍の防衛本部があるため、サイバーセキュリティ産業が強い。観光業 意外なことに40社以上のサイバーセキュリティ会社の本社を置く。
⑤コーパスクリスティ 港湾、石油採掘場、労働者多い、労働者向けのアパート多い。 港湾関係の人や仕事、ブルーワーカーなどのヒスパニック層多い。

今回は、ざっくりとテキサス州と各大都市圏の産業について簡単にお伝えしました。それぞれの特徴が見えると思います。

★個人的意見ですが、各都市について

実際に、数年前に全5都市を車で行ってきました。星の数は個人的な注目度です。

①ダラス ★★★★★

アメリカの大手企業の本社がこぞってやって来るところからして、アメリカの都市圏でもかなり成長が著しいエリアで、ポテンシャルがとてつもなくあると感じます。アメリカ南部エリアのハブ(中心地)になると感じています。NY、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ダラスという位置づけになると思います。郊外の北ダラスでは金融的な役割も今後増加すると感じています。ダラスでも、将来、いまから人口が3倍になるエリアもあり、同時に将来、とある人種の方々が爆発的に増えます。市や行政もインフラ整備に急ピッチです。

②ヒューストン ★★★★☆

大昔、ダラスよりもはるかに日系企業や日本人がたくさんいたエリアですが、洪水を始め自然災害が起こりやすいエリアという点が気になる所ですが、将来はダラスと2トップでテキサスを発展させる都市になると感じています。この2都市が新幹線やハイパーループ計画などで2都市間のアクセスが良くなり、さらに関係は強まると思います。がどうしても近くに欲しい人は良いと思います。

③オースチン(州都)★★★☆☆

サンフランシスコやシリコンバレーで戦うのを辞めた企業や人、自然豊かでより人間的な生活を満喫したいIT系エンジニアなどが来る人が増えています(ダラスも増える傾向)。人件費や土地値や不動産価格がCA州と比べまだ割安のため、AppleやIT企業が来るのも要因です。大学が多いので、テキサス大学オースチン校などを例に、卒業後、IT企業などに勤務したい学生が多いです。アメリカ南部のシリコンバレー的な役割になるかもしれません。

④サンアントニオ ★★☆☆☆

アメリカ人の有名な観光地でもあります。土地が広くて、不動産価格がまだ安いのですが、ヒスパニックが非常に多くて、街を歩いていてもスペイン語も聞こえます。テキサス初めての人にはダラスやヒューストンなど大都市と比べるとさびしい気がして、ダラスやヒューストンなどをすでに何年も経験されて、大都市に飽きて、より郊外に行きたい方やメキシカンフードやヒスパニックなどと交流するのが好きな人には良いかもしれません。歴史的な背景やよりメキシコに近い場所にあるためヒスパニック系の人種が約60%程度を占めます。

⑤コーパスクリスティ ★★☆☆☆

港町。ブルーワーカーなどの肉体労働者が圧倒的に多くすむエリアと白人の住むエリアでハッキリ分かれている感じです。ウォーターパークなど大型プールリゾート施設もあり、ハリケーンが来る前2017年以前は、盛り上がっていたのですが。。。大規模な自然災害もあり、テキサスは景気が良いので仕事も多く、肉体労働関係の仕事は家賃が払えない人たちも多く、家賃滞納という面も。1ベッド500~700$などの労働者のアパートも多い。不動産では高利回り高苦労的な傾向か。


ちなみに、そのうちの一つ、私がオススメしているジャンル「不動産や不動産投資」であれば、上記5都市の中では、比較的自然災害が少なく、他のエリアと比べTX内でも固定資産税も若干安く、将来的に値上がりも余地が大幅にあるため、ダラスだと考えています。Uberの第二本社もやってきて、多くの日系企業や飲食業もこれから増えていく情報が入っています。その効果もあり、JALも羽田空港からダラスへ直行便も出るようになり、アメリカで注目の都市です。以上、5都市についてお伝えしましたが、テキサスでも色んな都市の特徴があります。
何をターゲットにされるかでどの都市が良いかなど見えてくると思います。決して、●●都市圏が良い悪いではなく、個人それぞれの目的と趣向、お勤め先などによるものであると考えています。

そこで、もし、ダラスの街や不動産についてご相談があればご連絡ください。

★特にこんな方へ!
・ダラスへ住む予定の方(永住・移住)
・日本または他州からの遠隔投資
・不動産投資に興味があるかた
・節税目的
・将来の年金代わりとして
・資産構築のため

実際に、私もダラス(都市部・郊外など)に数軒を遠隔投資しておりますので、ご安心ください。素晴らしい管理会社や人脈、土地勘、目利き、各エリアの特徴、その他優良情報がプレナビではお伝え出来ない情報があります。すべて自分が過去にしてきた遠隔投資でも安全なメソッドや人脈など(一部有料ではありますが)まるっとお伝えします。叡智が詰まっております。

遠隔投資であれば、特に重要なのは①管理会社選び、②テナント客付。これは超重要です。自分がお願いしている管理会社は本当に優秀で適材適所で提案してくれます。そして、物件に問題が無ければ客付でエリアによりますが2週間かからない感じです(自分の経験談ではある方法を使い、最短2日~10日以内でテナントを決めてきてくれる)。物件購入のお手伝いをします。興味のある方は是非お問い合わせください。

今回の記事も、最後までご覧いただきありがとうございます。
それではまたお会いしましょう!

関連記事

  1. テキサス不動産は実需で強い!【シリーズ2/3回)】

  2. 「家」と「人間」って似ていると思います。

  3. プレイノでAIRBNB(3回目・最終回)

  4. 【祝】2019年 アメリカで最も幸せを感じる都市No1 プレイノ

  5. プレイノってどんな人種の人たちがいるの?

  6. 「●●」が人を変える!!!

  7. 保護中: 【北ダラスレポート(PDF+動画集)有料販売】詳細→ https://plano-navi…

  8. もう、ミツワ(スーパー)に行きましたか?

  9. 【北ダラス】自宅にいながら現地を知れる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP